蹴球少女の初期が何のアニメかわからなくて面白かった

我妻さんは俺のヨメが、どう見てもマミー校生嫁なイメージだったので感動しながらこぶしを伸ばしました。バレー部に附属講じる青島等は普通に控えの男子だけど、バレー部のマミーがかわゆいから入部して良かったとか思っているみたいですね。毎日洗濯がビジネスの彼等は、常に不服を言い合っていますが、時としてリアル逃避してAKBの誰かを嫁にするとか言いだす対処。青島等は彼女が欲しいと思っているって、ちょうどその時種別で一番の美少女我妻さんが目に入ります。彼女は潜り部で登場が多い水着を着用していますので、控えグループは大人気ムード。それでも、我妻さんは誰に告られても断っているというのが謎ですね。その深夜、我妻さんに迫られる憧憬を見た彼は、当然良い所で眼が覚めます。次いで目の前には可愛らしい次女がいました。そう、彼にはツインテが似合うナイスな次女がいるのです。これからこれだけでも一流だと思うのですが、気の力不足でしょうか。なので彼は悩んで自宅でパンツ1枚になって座り込んでいました。次女曰く、彼は落ち込むと、そんな容貌になってしまうみたいです。それに慣れている次女人間とか、少々萌えますね。しかも彼女は兄の相談に乗って得るみたいで、まったく可愛い次女だとわかります。一段とこういう乳児は、こんなにもキモい兄の事をひどく言わないとか感動ですよ。何だかツインテキャラでツンデレでないとか不可思議だ。なんて事をやっていると、彼は我妻さんがバイトやる現状に鉢合わせ。しかも、それを美貌密としてほしいとかいうフラグ全開状態に入ります。そうして、憧憬ってタイムスリップという不明瞭が一気に襲いかかってきて、我妻さんは俺のヨメという品物の大きな楽しみになっていくのです。急遽10時期後には等が我妻さんという結婚していたとか、これからどういう開設が控えるのか気になってやばいですよね。しかも憧憬で時刻スリップ消息筋の体つきが、超リアルなのでいったいどうなっているのか意味がわからないのが熱い。不可思議な一大事の連発が彼等の関係を良くするとか、まだまだ面白いラブコメ戯画だと思いました。特に我妻さんが眩しいから何でも良いんですけどね。